読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タケチweb

pixivでアップしている漫画の備忘録です。

青梅のなる頃4 母親と母性

嫁が欲しい話

www.pixiv.net

バレンタインの小話が出来上がった頃、

次作を読み切りで最終回とすることに決めたのですが、

1でも書いたとおり、

本来の流れならあと3、4回は

小話で作れる長さなので

一つの話にするのにけっこう四苦八苦しました。

 

家族がテーマなので

キリシマが結婚というものに消極的である理由が

家庭環境によるところが大きいかなと思い

母親を亡くす

父親との不和

この二つをエピソードとして入れました。

 

理想の母親像(母性)というものを

私自身は幻想と思っていますし

それが善なるものとして表されることに

若干恐れも抱いています。

 

キリシマにとっては自分の母親が

母親として完全で完璧であるゆえ

自分(現実)とのギャップに苦しみます。

 

f:id:takechi-ll:20160427111346j:plain

そして母親の完全なる母性というのは

自身の夢や希望を犠牲にした上で

築かれたものであると

少女時代のキリシマは気づきます。

 

奇しくも母と同じ夢を持っていたキリシマは

その夢を叶え、母の名をペンネームとし

小説家となりました。

 

このあたりの経緯があって

結婚に二の足を踏む、という流れにしたのですが

 

小話シリーズを楽しんだ人が

こんな辛気臭い話読みたいのか

 

という不安が描いている間ずっとありました。

 

ギャグやコメディならきちんとそのカラーで

話作りをしたほうが読者の方がついてきてくれる気がしたのです。

今もそれはやっぱりそう思います。

 

私の悪い癖で描いてると

だんだん辛気臭くなるのです(´Д` )

ネクラなのが出ちゃうんですかね。

漫画って怖い。

 

ただ小話でそのまま続けていたら

たぶん青梅のような展開にはならなかったと思いますし

(家族のトラウマとかは描かんかった気がします)

まあ、受け入れてくださる方が多かったので

結果オーライなんでしょうか・・・

漫画って難しい。